ビジネスのための資金をサポートするにはネットが良いのか?

クラウドファンディングを活用する際に目標達成に近づけるには?

クラウドファンディングで資金調達

銀行やネットバンキングで資金調達を図る場合、実績が無かったりアイデアが斬新すぎたりする場合だとお断りされる可能性があります。クラウドファンディングは、1つの資金調達の方法として有効かもしれません。

専用のプラットフォームに情報掲載をしますが、支援者からの理解を得られることで資金が集まります。宣伝効果としてもプラスになるため、中長期的な事業経営をするなら顧客がつく可能性も。顧客を付きやすくするために、支援のお礼の連絡以外に定期的な情報発信のメールを送信するのもオススメです。

ちなみに、プロジェクトの立案やページ作成のような準備期間や資金募集期間、入金が完了するまでに数か月単位の日時を要します。資金調達の計画を立てる際の参考にしましょう。

プロジェクトの完璧な成功は目指さない

クラウドファンディングで資金調達を図る場合、余程資金面で体力が無いと大口の支援はしないはず。企業や個人で大口支援をする人を見つけるのも1つの方法ですが、意外と効率が悪いかもしれません。

SNSのフォロワーや連絡先が分かる人に、小口でも良いので支援してもらえるように連絡をしましょう。地道な作業かもしれませんが、良好な付き合いができると長い目で見れば常連の顧客になるのが期待できます。

事業経営の宣伝効果を増すためには、1度だけでなく複数回申込をするのも良いでしょう。たとえプロジェクトが成功しなくても、宣伝効果として認知を得られるとプラスになるはず。失敗を前提に申込をするのも、長い目で見れば有効かもしれません。


TOPへ戻る