ビジネスのための資金をサポートするにはネットが良いのか?

ネットで可能なビジネスの資金サポートとは?

資金調達の流れ

金融機関で資金調達をする場合、店舗に赴いて審査をしたうえで行うのをイメージするかもしれません。しかし、平日の午後までの営業であれば勤務の都合で来店が難しい人も。最近では、オンラインによる資金調達を採用している金融機関が増えています。

融資カテゴリーの中に、トランザクションレンディングという言葉があります。プラットフォーム内での売買実績や入出金状況のような取引データをベースに融資審査が可能です。他には、AIを活用して事業の可能性や信用力などを評価する信用スコアレンディングも。書類作成も不要であれば、手続きに掛かる労力は抑えられます。

各種レンディング診断を行い、問題が無ければ融資が受けられます。メガバンクでも採用しており、審査は最短即日完了できるのが大きな強みです。

資金調達以外の使い方がある?

ネットバンキングに口座を所有すれば、資金調達以外の使い方ができます。例えば、これまで紙ベースの通帳に入出金のような情報を記載していたのを、WEBで確認ができます。金融機関によっては、入出金の状況をメールで伝えてくれるのも強みになるはず。お金の管理がしやすくなると、事業経営でプラスの効果を得られるのが期待できます。

事業経営をすれば、請求書や税金の支払いが欠かせません。ネットバンキングを活用して振り込みが可能であれば、金融機関などへ来店しなくても手続きが完了します。なお、ネットバンキングでの振り込みだと、口座間の振り込みを行う場合における手数料が低くなる場合も。取引が多い事業経営者であれば費用が嵩みますが、その節約が図れます。


TOPへ戻る